フォト

講演・司会依頼はこちらへ!

  • 講演会の講演依頼.com 橋詰尚子プロフィールページ
    講演依頼.comのプロフィールページです。講演内容等はこちらからご確認ください。(ここに記載されていない講演テーマも、ご相談の上、対応可能です。)
  • Speakers.jp 橋詰尚子プロフィールページ
    Speakers.jpのプロフィールページです。講演内容等はこちらからご確認ください。(ここに記載されていない講演テーマも、ご相談の上、対応可能です。)
  • Wedding Partner 橋詰尚子プロフィールページ
    気象キャスターの先輩、松並健治さんプロデュースの司会者紹介サイトです。 婚礼のほか、イベントやセレモニーの司会などを受け付けています。 お気軽にお問合せください♪
  • 総合教育コンサルティング
    ミュージカル体験塾でお世話になっています小林勝次さんの会社です。「講演」の欄にプロフィールがあります。ここに記載されていない講演テーマもご相談の上対応可能ですので、お気軽にお問合せください!
  • 講演会なび 橋詰尚子プロフィールページ
    講演会なびのプロフィールページです。講演内容等はこちらからご確認ください。(ここに記載されていない講演テーマも、ご相談の上、対応可能です。)
  • DMM講演依頼 橋詰尚子プロフィールページ
    DMM講演依頼のプロフィールページです。講演内容等はこちらからご確認ください。(ここに記載されていない講演テーマも、ご相談の上、対応可能です。)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 写真撮影♪ | トップページ | 9月になりました! »

ちょっと真面目な…。

今回はちょっと真面目なお話です。
しかも長文になりそうです。
恐れ入りますが、興味のある方のみお付き合いください。

東日本を中心に広い範囲で記録的な豪雨となり、各地で土砂災害や浸水などの被害が発生しています。
雨雲の動きが遅く、同じような所に停滞しているため、この後も豪雨が続き、さらに被害が拡大する恐れがあります。
日曜日にかけて、十分に警戒してください。

この夏はあちらこちらで豪雨が起こり、被害も多発しました。
中でも都市部で洪水が発生し人命が失われる被害が多く発生し、これらの災害を未然に防ぐことはできなかったのか、気象情報や災害情報のあり方が改めて問われました。

そして、先日気象業界で仕事をしている友人(仮にAさんとしておきます)から悩みを相談されました。
本当はもっと色々あるのですが、要約すると下記の2点のようなことです。

<1>
本来気象予測は100%確実なものではない。降水確率、台風の予報円、週間予報の信頼度付加、季節予報の確率的予測は不完全性を示す情報である。
しかし、マスメディアではこの不完全性を説明せず、最も確率の高い所だけが断定的に語られる傾向がある。そして視聴者は絶対的な信頼感を持つようになる。万が一の場合における危険性を考えると、このことが最近起こっている気象災害の根底にあるのではないだろうか。

<2>
「傘を持っていった方がいいでしょう」「コートやマフラーが必要です」「洗濯日和です」というのは過剰な情報で余計なお世話ではないか。
過剰な情報のせいで、視聴者は自分の頭で考えないようになってきているのではないか。それが予報が外れたときに一切の責任を気象庁や気象会社、予報士へ押し付けることにつながっているのではないか。

この意見を聞いて、私も本当に色々なことを考えました。
簡単に答えが出せる問題ではないですし、そもそもこれが正解、という答えなどないのだと思います。
でも、私なりに「気象情報のあるべき姿」について考えてみました。

まずは<1>気象予測の不完全性について、Aさんの言うことは尤もです。理想論で言えば、気象情報はそうあるべきなのかもしれません。
ただ、優等生的意見だなあ、という感もぬぐえません。

現在、マスメディアで伝えている気象情報内で、その不確実性を細かくすべて伝えたとしたらどうなるのでしょう?
たとえば「今日の午後は雨の降る確率が30%、降らない確率が70%です」「今年の夏は平年より気温の高い確率が50%、平年並みの確率が30%、平年より低い確率が20%です」と伝えたとしたら、どうでしょう?
「つまり何なんだ!」って言いたくなりませんか?
その「つまり」の部分は視聴者が考えろということなのかもしれませんが、普通の人はそこまで気象のことばかりを考えて生活しているわけではありませんし、ニュースの合間にある程度大まかなことをすばやく伝えることはやはり必要なのだと思います。

それによって視聴者が気象情報に絶対的な信頼感を持つかというと、私はそうではない気がします。
気象予報が100%当たるものだと思っている人は多分ほとんどいないのではないでしょうか。皆「予報は外れる可能性のあるものだ」ということは当然理解していると思うのです。ただ、あまりに大きく外れたり、外れることが続いたりした場合は「どうして?」「どうにかならないの?」と怒りの声が出てくる訳です。

だからと言って、不確実性を伝える必要が全くないと言っているわけではありません。災害につながる可能性がある激しい気象現象については、たとえ確率が低かったとしても「起こるかもしれない」という危険性は必ず伝えなくてはいけないと思っています。
その気配を見逃さないように経験を積むことが、私も含め、今の気象キャスターに最も必要なことなのではないでしょうか。

次に<2>過剰な情報について。
実は、「傘が必要かどうかは各自が判断すればいいのだから気象キャスターは予報だけを伝えればいい」というご意見は、Aさんの他にもかなり多数の方からいただいています。
その一方で、「朝の慌しい時間に、きょうは傘が必要かすぐにわかるのはありがたい」というご意見もたくさんの方からいただいています。
つまり、気象情報もテレビ局や番組によって個性を出して、視聴者は好みで見る番組を選ぶようにするのが一番いいのかもしれませんね。

個人的な意見を言わせていただくと、私は「折り畳み傘があるといいでしょう」「コートやマフラーが必要です」という情報は大いに結構だと思っています。
例えば「予報は晴れ時々くもり、降水確率は20%です」と言われて、傘を持っていきますか?持っていかない人がほとんどだと思います。
でも、「予報は晴れ時々くもりですが、夕方はにわか雨があるかもしれませんから、心配な方は折りたたみの傘を持っていくといいでしょう」と言われたらどうでしょう?
「コートやマフラーが必要です」も、朝から冷え込んでいる日にそのようなことを言う必要はないでしょう。でも例えば、「今朝は気温が高め、日中も過ごしやすいですが、夜は急に冷えますからマフラーなどを持っていくとよいでしょう」というのはどうですか?
身近な品物を具体的に出すことは、ただ予報だけを伝えるよりも印象を強くします。慌しい時間に他の支度をしながら見ている視聴者の方にはやはり役に立つのだろうと思います。
私の中継天気での小道具も、そのようなコンセプトで工夫していました。

それから、災害につながるような気象現象の時を除いて、ニュース番組内の気象情報は、少し「ほっとできる時間」として受け止められることが多いです。
その時には、「洗濯情報」や「ビール指数」など、ちょっと気を抜いて見られる生活情報を入れるのもありだと思うのです。
それに普段少し崩した姿勢で伝えていると、災害が起こる危険がある時に真剣に伝えると「いつもと違うぞ」ということを理解していただけるという効果もあるかと思います。


すっかり長くなってしまいましたが、今後の自分の気象キャスターとしてのあり方を考える上でも、今の自分の意見を書き留めておきたかったので…。
ここまで読んでくださいました方々、お付き合いくださいましてありがとうございました。

最後に、ブログにいただきましたコメントに1つお答えしたいと思います。
非公開でいただきましたコメントですが、「もっとデイリーな気象の話題を掲載して欲しい」とのご意見でした。
申し訳ありませんが、今のこのブログでは難しい、というのが現状です。
理由は2つありまして、まずは仕事との兼ね合いを考えて、これ以上頻度の高い更新が難しいということです。
それから、私自身が現在気象予報の現業を担当していないため、細かい情報をリアルタイムで入手するのが難しいということです。
ご了承ください。
最新の気象情報や災害情報に関しては、所属会社のLBWを始め、気象庁や民間気象会社のサイトをぜひ参考になさってください。

もちろん私自身も、デイリーな情報、というのは無理ですが、気象や災害に関してのコメントは随時させていただきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

« 写真撮影♪ | トップページ | 9月になりました! »

コメント

おはよう日本の頃は当日の予報に合わせて折り畳み傘や大きい傘、またコートやジャケット手袋を身に出られていました。
ぱっとみて当日どんな服装をすれば良いか良く分かり参考にしていました。
ポチに太いマジックで書かれた文字も親しみやすかったです。
よく参考にさせてもらっていました。

こんにちは(^o^)
橋詰さんのおっしゃるとおりだと思いますよ。
視聴者は、まさに十人十色ですから全員が満足するような答えはありません。
大切なのは、各気象キャスターさんたちが、それぞれ自分の信念(ポリシー)を持って仕事をする事だと思います。

ちなみに個人的には、『折り畳み傘があると良いでしょう』などの情報はとてもありがたく思ってますし、ハズレたからといって気象キャスターを責めたりしませんよ(^^)

Aさんに『自信を持って頑張ってください』とお伝えください。
尚子さんも忙しいようですが、体に気を付けて頑張ってください。

俺は予報や予想は外れる事もあるっていつも思ってます。雨の予報が外れて晴れになったりまたその逆もあったり、でもその事でいちいち腹を立てたりはしません。人間が予報や予想するのだから外れて当たり前なんですから。ただあんまり外れたりするのも困りますけどね。あと後半の傘があると良いとかコートが必要だとかは橋詰さんの言った言葉、何々だからコートが必要だとかこういう理由で傘があると良いとか、そのように言ってもらえると助かりますね。
各テレビ局の天気予報のコーナー、色々工夫して放送してますね、予報は同じでも伝え方は千差万別です。俺個人としては「尚子のここに注目」が好きでした。


今年の大雨に関する説明、尚子さんのお話が一番分かりやすかったです。そして尚子さんの「気象情報」に込めてきたプロ意識を強く感じました。尚子さんにはやはり朝の気象情報担当が似合っているようにも思うのですが…。機会があったら、また今回のような詳しいお話を聞かせて下さい。ではpaper

天気「予報」なのですから、視聴者は内容を鵜呑みにするのではなく、飽くまでも参考として捉えるべきだと思います。予報とは「前もって推測する」という意味ですし、100%の的中を求めるのは視聴者の傲慢でしょう。ちなみに私はどのような天気でも必ず折りたたみ傘を持ち歩いています。

ふむふむ、基本的には私も橋詰さんの考えに賛成です。
〈1〉については、何でもそうですが、何かあると、悪者を担ぎ上げる傾向にあるので、見る側もマスコミに踊らされないように冷静になる必要があると思います。
気象情報の中で大事な部分を聞き逃さないように、あくまで『情報』として把握しておくことが大切ですよね。


〈2〉については正にその通りだと思います。「身近な品物を出すとより印象度を強くします」…橋詰さんもよく小道具を使って工夫してましたよね。
「気象情報はホッとする時間でもあるので、災害の恐れがあるとき、真剣に伝えるといつもと違うぞという印象を与える…。」本当に良く考えてますよね。私は正にそのように感じながら気象情報を見てました。

これからも聞く側の立場にたった考えを持ち続けてほしいと思います!smile

はじめまして。尚子さんをテレビで見れなくて残念です。
えーとですね、気象予報士の職分の話以前に知りたいことがあります。今の気象予報は誰が予報しているのか?ということです。気象予報士以前は、確か気象庁他、限られた公的機関のみが一般向けの予報をする権限を持っていたと記憶しています。テレビでも、気象庁午前〇〇時発表の天気予報をお知らせしますといっていたような記憶が・・・・
現在、気象予報士の方がテレビなどで出しているのは、基本的に気象庁の予報を分かりやすく伝えているのか、担当予報士が自分の判断で行った予報として伝えているのか、分かりにくくなりました。
はずれると、予報士の方が謝ったり悔しいですねと言うのを聞くと、おや貴方が?と思ったりもするわけで。すると局毎に違う予報がでる可能性もあるのかなぁ??

衛星写真、天気図、アメダス、メッシュを全く使わず、ミスコンテスト上がりの素人にお天気キャスターごっこをさせる某テレビ局には、納得できません。
あれで満足し、ミスコンテスト上がりの素人を人気お天気キャスターランキングに投票する一部視聴者にも、問題があります。

単なる雨マークだけでは、強い/弱い、長時間/短時間、広範囲/局地的などの区別がつきません。
常日頃から気象予報士の解説を聞くことにより、リスクを考えて行動を選択することが可能になります。

橋詰さんのご意見、興味深く読ませていただきました。

私は栄養の世界に身を置いています。
分野は違いますが、専門的なことを一般の方に伝えていく仕事をしている身、
学生の頃、栄養士になりたての頃は、
文中のAさんのような思いにぶち当たることが何度もありました。
(今だって試行錯誤の日々bearing

伝えたいこと、伝えなければならないことを
山ほどある情報の中から、
対象や時間など状況に応じて取捨選択していく。

気をつけていることは、
1.あれこれと盛り込みすぎて、要点がぼやけないようにする
2.これくらいはわかってくれているだろう、という思い込みをもたない

今回の記事を拝読して、
栄養や健康に関する情報の伝え方を改めて考える、
いいきっかけになりました。
(このコメントを書くのに、30分以上かかりました。
考えている時間を合わせたら、その倍以上です)
ありがとうございました。

P.S トレインクリニック、いつも楽しく勉強させていただいております。

 仮称Aさんの悩み(?)に向き合った橋詰さんのコメントは、実に真摯かつ説得力あるものと私には映りました。確かに唯一の正解はないかもしれませんが、気象情報番組の存在意義をわかりやすく示す模範的解答である、といっても否定される方はおられないであろう印象です。
 気象予報士の登場で、予想(≒予報)の自由化(ただし、台風の進路など特に影響が大きい気象現象の予報はまだ解禁されてはいませんよね)と、その伝え方の多様化が実現したのですから、さまざまな付加価値を備えた気象情報番組があるのが自然なことと思います。橋詰さんのご意見は「過剰かもしれない情報も過剰ではない側面がある」ことを、わかりやすく示してくださっていると思いました。
 それでも、情報の受け手の姿勢次第では、仮称Aさんの心配(?)につながってしまうかもしれないということもまた、わからないではありません。正に正解はないわけですね。
 気象情報番組に限らず、あらゆる報道や社会向け発信(プレスリリースなど)は、何らかのフィルターがかかっていることを忘れてはならないと思います。天気予報について、別に「すべてを疑ってかかるべし」と言っているわけではなく、「不正確な要素が入ることは避けられない。ゆえに、予報が外れたときに責められる対象は予報の受け手も含まれてしかるべき」ということです。しかし、明らかに伝える側に非がある場合も伝え方によっては生じ得る(「傘は必要ありません」と言い切られて持たずに降られた、など)わけで、そういうことを心配しだすと窮屈な雰囲気になってしまうのでしょうね。
 だから結局は、災害に直結しないようなときは自分のスタイルで自信をもって発信するしかないと思います。その代わり、重大なときは普段よりも一層慎重に、確率が低くても伝えることで安全につながる場合は伝える…も、橋詰さんのおっしゃるとおりです。
 ちなみに、私も一日外出のときは常に傘を持参しています。

マスコミの天気予報・気象情報で気になる事がひとつあります。
「〇〇警報」が出ているので「注意」して下さい、というキャスターやアナウンサーが多い事。
「警報」ですから「警戒」して下さい、と言うべきですよね。

それから「予報」についてですが、ずっと昔になりますが、ロイ・ジェームスさんがラジオの番組で天気予報を伝えている時に「あくまで予報です」と付け加えていました。これも一つの方法でしょうか。

メディアでの気象情報に関しては皆さんいろいろとお考えもあるでしょうが、私は天気図をメインに解説してくれる番組が好きです。
天気図は一目見るだけで暑くなる、寒くなる、天気が崩れそうといった大まかな予想が付くので、なるべく見るようにしています。
個人的にメディアによる天気予報に求めるのは素人には難しい長期予報や、最近ではインターネットによる気象レーダやアメダスによるリアルタイムな情報も見るようにしています。
もちろん、朝の忙しい時間帯などにTVから聞こえる情報も役に立ちますので重宝していますよ。

最近橋詰さんの姿をJRの車内で拝見してます。

今回のお話、興味深く拝読しました。
気象に関わるお仕事も、やはり多くの視聴者の安全にも関わること。そして自然と向き合う「不確実性」のあるお仕事ですよね。
今の日本人は「安全」や「安心」は外から与えてもらうもの、と思っている気がします。でもその人の本当の「安全」や「安心」はその人自身が外の情報を元に対策をしてこそ得られるものです。最終的には個人の責任だと思うのです。
だって、降水確率20%、といわれても「この空模様じゃ、もしかしたら・・」と思えば傘を持っていけばいいし、「20%なら持っていかずにもしものときはコンビニで買うわ」と判断してもいいわけです。それを、雨が降れば「傘を持って行け」といわなかったじゃない、と怒り、降らなければ「天気予報のうそつき」と怒る。そういう「すべて都合の悪いことは他人のせい」的な風潮、ありますね。

でも私は天気予報、ありがたいですよ。橋詰さんが後輩の疑問について答えた意見に納得です。これからもがんばってくださいね。

初めまして。遅い投稿で恐縮ですが、興味深い話題ですね。

問題は、天気予報のみに関するものではなく、ジャーナリズム、報道に対する「視聴者の意識」なのではないのかな、と思いました。例えば、健康番組なんかで、○○が良いと言うと、次の日に売り切れた…なんて現象がありました。スポーツ報道でも、政治その他の報道でも、「?」ということは多く、それが鵜呑みにされているのなら怖いと思うことが多々あります(テレビに限りません)。

また、Aさんがもしも良心的に予報(報道)をしたとしても、逆に「自信が無い」等々悪く把握されてしまうだけかもしれませんね。Aさんは、非常にまじめに考えていらっしゃるだけに、それでは、かわいそう…
天気予報に限らず、専門家の場合、習熟すればする程、色々な可能性が見えてしまい、逆に、一見曖昧と見られるようになってしまいます。細かなことをどこで切り捨てるのか難しいですね。

長々と失礼致しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178984/42321982

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと真面目な…。:

» 【クローズアップ】雨にまつわる曲 [テレビドラマ・CMで気になる音楽]
今年の梅雨は、雨がスコールみたいに激しく降ったかと思えば、その後日の光が何事もな [続きを読む]

« 写真撮影♪ | トップページ | 9月になりました! »

最近のトラックバック

おすすめサイト♪

  • みんなの天気予報
    橋詰尚子の所属会社「LBW」のサイトです。 きょうのお天気をわかりやすく、楽しくお伝えしています。ぜひ毎日チェックしてみてください♪ お天気キャスター紹介の欄にプロフィールがあります。
  • mangrove-world
    東京海上日動のマングローブ専門WEBです。 美しい音楽と映像が満載です。 マングローブについて学ぶコンテンツもあります。
  • バイオウェザーサービス
    いであ株式会社の健康&天気情報です。 気象情報はもちろん、自分用にカスタマイズできる健康予報はオススメです♪

お友達♪

  • 田代大輔さん
    自然と野球(特に清原選手)を愛するお天気お兄さん(?)、たっしーこと田代大輔さんのブログです。 季節の話題、野球の話題が満載です♪
  • 礒絵里子さん
    ヴァイオリニスト、礒絵里子さんのブログです。 礒さんとは毎年「よみがえれマングローブ『海の森』コンサート」でご一緒させていただいています。
  • 及川まことさん
    フリーアナウンサー、及川まことさんのブログです。 ウィットに富んだ内容で面白いです。 ちなみにLinkにある「今週のおいかわ」内の「今週のはすづめ」では、2002年当時の私の様子も見られます♪
  • 浜野裕さん
    いつも私たちミュージカル体験塾生の写真を撮ってくださっているカメラマン、浜野裕さんのブログです♪
  • Honjさん
    ミュージカル体験塾で第9期までご一緒していましたHonjさんのブログです。 ミュージカル、オペラ等々幅広い活動とまめなブログ更新には頭が下がるばかり…いったいいつ寝ているのかしら…?
  • 片平敦くん
    関西テレビの「スーパーニュースANCHOR」で気象キャスターをしている片平敦くんのブログです♪ わかりやすい気象解説と寒~いダジャレもお聞き逃しなく(笑)
  • めめさん
    K'z Danceでとってもお世話になっているめめさんのブログです。ダンサーであり、マジシャンであり、女優であるとっても多才で素敵な方です♪
無料ブログはココログ